眉メイクに必要な4つのアイテムを初心者さん向けに解説

沖縄の30代メイク超初心者さんへ♪
いつもキレイでいられる
ナチュラルメイクをお伝えする
KUKKA make-up

今日は月曜日!!

今日からわが家の高校生組は学校スタートです♪
これで子どもたち全員、
無事新学期突入~ヽ(゚∀゚)ノ

ようやく自分のペースでお昼ご飯が食べられます・・・(笑)

そして、今日から上の子たち&夫のお弁当が再開!
朝5時から参加している朝活コミュニティの時間に間に合うように、4時起きでお弁当作り頑張りました!!

私・・・偉すぎる・・・(*ノ∀`*)

さて、前回のテーマ
『自眉が濃いのにアイブロウは必要ある?』につづいて
※まだ読んでない方はコチラから↑

今回のテーマは♪

『眉メイクに必要な4つのアイテムをサクっと解説』

目次

実はすごく大事!スクリューブラシ

突然ですが♪
自分が眉を描くイメージを思い浮かべてください。おそらく多くの人が「すぐに描き始める」状態をイメージすると思います。

実はそれ、惜しい!!!非常に惜しいんです!!

どういう事かというと、眉はすぐに描き始めるのではなく、その前にまず最初にやるべきステップがあるんです。

それは “眉の毛流れを整える”

眉毛って、寝ぐせが付くって知ってました??
眉が薄い人はあまり気にならないかもしれませんが、濃い眉さんだと身に覚えがあったりしません?

眉の濃い・薄いに関わらず、眉は寝ぐせが付いたり毛流れに左右差が出たりします。

まず毛流れを整えることから眉メイクをスタートすると、眉の仕上がりがぐっとキレイになりますよ~。

その毛流れを整えてくれるのがスクリューブラシです。

↓↓ スクリューブラシ
  (画像は公式サイトからお借りしました)

☆ブラシ単体

☆ペンシル・パウダー・ブラシ一体型

また、毛流れを整えてくれるだけではなく、眉を仕上げる際のぼかしに使ったり、描き過ぎたところを消したりなど、とにかく眉メイクには無くてはならないとても大切なアイテムです。

スクリューブラシが得意なコト

  • 毛流れを整える
  • 眉頭や眉全体をぼかす
  • 描き過ぎた部分を消す

スクリューブラシは、単体タイプでもいいですし、前回の記事でもお伝えしたようなペンシル&パウダーとの一体型タイプもオススメです。

眉メイクといえば、アイブロウペンシル

眉を描く時に使うスタンダードなアイテムといえば、アイブロウペンシル。

えんぴつのように削るタイプもあれば、ペンの後ろをクルクル回して芯を出す繰り出しタイプがあります。

↓↓ アイブロウペンシル♪
(画像は公式サイトからお借りしました)

☆繰り出しタイプ

☆えんぴつタイプ


どちらを使った方がいいかは好みの問題ですが♪
「忙しい朝に毎回削ってられないよッ!」という、私と同じずぼらさんは断然繰り出しタイプがオススメですッ!!(笑)

削るタイプは、当然ですが使えば使うほど芯の先が太くなるので、太くなったまま使うと描いた部分も太くなります。
なので、その都度削ってキレイに描ける状態を保つ必要があります。

繰り出しタイプは芯の太さが決まっているので、削ったり太さを気にすることなく、常に同じコンディションで眉を描き始めることが出来ます。

ペンシルは、眉全体を書くよりも眉の形を縁取りをしたり、眉尻の繊細な細さを描いたり、眉の足りない部分を描いて補う使い方がオススメです。

全体をペンシルだけで仕上げてしまうと、ちょっとキツい印象になったり濃くなり過ぎる、自然なグラデーションが作りにくいなどの困りごとが出てきちゃうかもしれません。

アイブロウペンシルが得意なコト

  • 描きたい眉の形をイメージして縁取り(アウトライン)が描ける
  • 毛の足りない部分に一本一本描き足して埋めることで自然に仕上がる
  • 眉尻を細く描いてキレイに見せる
  • ぼんやりした印象の眉もスッキリ見える

ちなみに私は基本、繰り出しタイプを使っていますが、気分&使いたい色によって鉛筆タイプも使います~((*´∀`*))

時短メイクの救世主♡アイブロウパウダー

今や、多くのプチプラコスメのメーカーがこぞって新色を発売するようになったアイブロウパウダー。

基本的な色であるブラウン・ライトブラウンに加え、シーズンによって流行る、いわゆる『バズる』色であるピンクブラウンやコーラルブラウンなど、本当に様々な色展開でコスメコーナーに並んでいます。

↓↓ こんな感じです♪
  (画像は公式サイトからお借りしました)


色の選び方は難しく考えず、髪色と同じかちょっと明るめくらいがいいかなと思います。
黒髪の方はブラウンやピンクブラウンもオススメですよ~。
ピンクブラウンって、名前だけでも可愛くて欲しくなっちゃいます((´∀`*))

アイブロウパウダーは眉を描くというより地肌を埋める、というイメージで使うのがオススメ♡

ペンシルで埋めてしまうよりもふんわりと柔らかく、自然に仕上がります。
また、最後に使う眉マスカラの仕上がりにもアイブロウパウダーが大きく関わってくるので、ぜひ揃えておきたいアイテムです。

アイブロウパウダーが得意なコト

  • ふんわりとした柔らかい印象になる
  • 眉の地肌を埋めていくイメージで使うと自然に仕上がる
  • 眉のグラデーションが作りやすい
  • 時短メイクに欠かせない
  • 色展開が豊富なので、選ぶ色によって一瞬で雰囲気を変えられる
  • 眉の色を薄くしたりノーズシャドウとしても使える

私が普段使っているのは、ナチュラルブラウン・コーラルブラウン・アッシュブラウン・オレンジブラウンなどです。
その日の気分や季節に合わせて使い分けています。

一度使ったら手放せない!眉マスカラ

眉マスカラって聞いたことあるよ!という方は多いと思います。

でも、実物を見たこと無かったりこれを読んで初めて知るという方にとっては、完全に得体のしれないアイテムだと思います。
「眉毛にマスカラって、なんで??」みたいな。

↓↓ こんな感じです♪
  (画像は公式サイトからお借りしました)


眉マスカラって実は20年以上前からあるんです∑(*゚ω゚*)
ビックリですよね~!!

そして、年々進化を重ねていって、今では本当にたくさんの種類の眉マスカラが発売されています。

眉マスカラは毛流れを整えながら、眉毛自体の色を変えます。
まつげ用のマスカラと同じようなイメージです。

眉マスカラも色展開が豊富なので、アイブロウペンシル&パウダーの色と揃えることで、より自然な眉に仕上げることができます。

眉が濃くて悩んでいる方なら、眉マスカラを使うことでパッと明るい印象になるし、髪色が明るい方なら眉マスカラの色を明るくして眉と髪の色を合わせることも出来ます♡

眉の色を変えるだけで本当に雰囲気が変わって垢ぬけるので、すっごくオススメですよ~。

眉マスカラが得意なコト

  • 豊富な色の中から、アイブロウペンシル&パウダーと合わせて使える
  • 毛の長さがある人でも、眉マスカラを使うことで毛流れがキープできる
  • 髪の色と眉の色を合わせることが出来る
  • ペンシル&パウダーと眉毛の色を合わせることで自然な眉になって一気に垢ぬける

さいごに

今日は、眉メイクを楽しむためにぜひ揃えて欲しい4つのアイテムについて、私の考えも交えながら解説してみました。

サクッと簡単に!と思って書いたつもりが、なんだかすごく長くなってしまいました・・・
スミマセン。。。

この記事を読んで、4つのアイテムの重要性が伝わると嬉しいです。

最後までお付き合い頂きありがとうございましたー-!!



.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.


お申込みは公式LINEより随時受付中!!

お気軽にご連絡くださいませ^^

気になる点、ご不明な点がございましたら
いつでもお問い合わせを☆



.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜

みなさんが過ごす日々に
メイクが彩りを添えられるよう
もっとたくさんの女性たちへ
メイクの楽しさが伝わりますように

.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜。:+.゜

コスメ同行ショッピングは、ご希望の日程が相談可能です。
お申込みは公式LINEより随時受付中!!お気軽にご連絡くださいませ。
気になる点、ご不明な点がございましたらいつでもお問い合わせを♪

アカウントID→@gvj5998g

KUKKA make-up公式LINE
ご予約は公式LINEからのみとなります。

コスメ同行ショッピングの空き状況のご確認はこちら

同行ショッピングの詳しいご予約方法について

お客様からいただいたご感想をまとめました

LINEで送る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次